駒橋内科医院

さいたま市中央区の内科,アレルギー科,小児科 駒橋内科医院

〒338-0011 埼玉県さいたま市中央区新中里5-2-5
TEL 048-834-5151
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

アレルギーのお話

アレルギー反応の分類

 正常な免疫反応とは、抗原・抗体反応といわれ、外敵に対し、抗体を作りウイルスなどから、自分を守る反応を言います。
アレルギーとは、普通では作られない抗体、例えば、スギ花粉の抗体や自己抗体(自分を攻撃する抗体)で、自分を傷つけてしまう反応です。
アレルギー反応には、1型アレルギーから、5型アレルギーの五つの型があります。

 <1型アレルギー反応>は、
即時型アレルギー、アナフィラキシー型とも呼ばれ、IgE抗体を介して、15分から30分で最大に反応し、ヒスタミン・ロイコトリエンという、アレルギー物質が細胞から、遊離されアレルギーを起こします。
代表疾患として、気管支喘息・鼻炎・蕁麻疹(食物アレルギー)・アナフィラキシーショックなどがあります。

 <2型アレルギー反応>は、細胞障害型ないし、細胞融解型で、補体を介して、血液成分の白血球・赤血球・血小板を溶かして、しまうアレルギーで、自己免疫性白血球減少症・溶血性貧血・血小板減少症(紫斑病)などを引き起こします。

 <3型アレルギー反応>は、組織障害性アレルギーで、IgG抗体・IgM抗体を介する自己抗体により、内臓を攻撃する、膠原病(関節リウマチ・SLE)や腎炎を起こします。

 <4型アレルギー反応>は、遅延型アレルギーと呼ばれ、Tリンパ球からリンホカインが放出され、24~72時間後に反応が現れるアレルギーで、アトピー性皮膚炎を起こし、ツベルクリン反応に応用されています。

 <5型アレルギー反応>は、ホルモンを分泌する細胞に結合する反応で、甲状腺機能亢進症・低下症を引き起こします。